野口倉庫についてCompany

社長の志

お客様にとって何が最適か、考え提案する”挑戦力”

野口倉庫株式会社 代表取締役 野口 英徳

私は1995年に当社に入社しました。当時はメーカー物流を受託していましたが、時代の転換期にあり新たな取り組みが必要な時でした。先代とともに奔走し、財務・経理以外は自らこなす覚悟で取り組みました。大手企業様にも営業を掛けたこともありましたが、中小の企業オーナー様と話をさせていただくと、課題が明確で改善に貢献できる大きな可能性があることがわかってきました。
これが物流の最終段階である“川下”の部分を当社が担う理由です。

当社にとってターニングポイントとなったのは、大手飲食チェーン店の備品・消耗品のピッキング・配送を受託したことでした。多岐に渡る商品コードのない備品に1点1点コード登録を行い、管理・ピック・配送のスキームを構築したことが、今の『少量多品種』物流の礎となりました。また、商品コードに紐づく“情報(データ)”が荷主様のコスト管理にも有効であることが分かったのもこの時です。

これらの経験の上に「流通加工」「物流情報のデジタルデータ化・数値化」「コールセンター役務の提供」「規模の経済による配送、資材コストの低減」をすすめ、お客様のご要望にお応えしてきました。これは何も革命的に大きく変わってきたことではなく、「細かい事の積み重ね」の結果だと考えています。
主力事業である『通販物流事業』も「今後通販が伸びる」から始めたのではなく、これまでの荷主様とのお付き合いの中で、少量多品種の複雑なオペレーションに対応できる力がついた結果です。他社がやらない事にも取り組む"対応力"こそが当社の強みです。

「答えはお客様の中にある」と思っています。我々は”他力本願ビジネス”であり、お客様の売上が伸びないことには、我々も伸びることはできません。ですから、一手間二手間を掛けてでも、お客様にとってメリットのある提案を先回りしてお客様に企画・提案をすることを信念としています。お客様一社一社と向き合い、愚直に一つ一つ挑戦・解決し、今の会社があると考えています。

「当たり前のことを当たり前にひとつずつ対応する。目の前のお客様とともに。」
それが”野口倉庫”という会社です。

野口倉庫株式会社 代表取締役 野口 英徳

社員の志

社員の志
社員の志
社員の志

丹治 和将 営業本部業務2部 業務3課 課長

現在、日々の作業の分析・改善・現場指揮等の業務全体のマネジメントをし、滞りなく作業ができる環境を構築しています。対応力を強化し、今できる最大限のサービスをお客様に提供、常にお客様目線で物事を考えることを意識し、様々な要望に柔軟に対応し、満足ではなく、大満足していただけるような、提案やサービスを日々心がけております。
お客様とは、私達や会社を成長させていただけるパートナーと考えております。

私達はお客様の要望に応え、出来ない事を出来る事に変える、または変えるためのプロセスを経る事で常に前進、成長をさせていただいております。
今よりも、もっと社会的に評価をされる会社になるため、常に挑戦し続け、物流業界でどこにもマネの出来ないようなサービスが提案できるよう、もっともっと沢山の知識を身につけていきたいと考えています。

当社は顧客目線を大切に、要望に対して、不可能を可能に、可能をより確実な物にする事を第一に日々業務に邁進しております。また、両社WIN・WINの関係ではなく、エンドユーザ様も含めWIN・WIN・WINの関係を築ける、そんな提案、サービスを常に意識しております。
当社では、これまでも、お客様の満足を大満足に変えてきたと考えています。他の物流会社にはない、満足度が野口倉庫にはあります。ぜひご検討ください。

丹治 和将

飯盛 加菜 営業本部業務1部 業務1課

2018年に入社後、研修を経て現在はお客様からいただいたデータの処理やお問い合わせの対応、請求業務に従事しています。

業務に従事してからまだ日は浅いですが、お客様からのご要望を例え対応が難しいことでも「どのようにしたら出来るのか」を考え、代わりの提案ができるよう心掛けています。
お客様からのご要望に迅速に対応できるよう、これからも経験と知識を積んでいきたいと考えています。

お客様のご要望に応え、その中で更に、お客様にとってより良い方法を提案することができるところが野口倉庫の強みです。新たなお客様との出会いをお待ちしております。ぜひ、お気軽にご連絡ください。

飯盛 加菜

小川 愛夢 営業本部業務1部 業務2課

2018年に入社し、現在は倉庫現場で作業状況の確認、状況判断、作業管理全般に従事しています。
管理のみならずフォークリフトを使って荷捌きをしたり、PCを使った事務処理にも従事しております。
そのことで現場のことも事務作業のことも両方の視点から業務を見ることができるようになりました。

現場は毎日動き続けているので状況が変化し、イレギュラーが発生します。そこを冷静に対応できることが私たち社員の役目であり行わなければならない事だと日々実感しています。また、日々の業務の中で上司や先輩からアドバイスをしていただき、私のこれからの成長につながるお言葉、ご指摘をたくさんしていただきとても良い会社だと感じています。

当社ではお客様のご要望に応えるため、他社には真似できないようなお客様にとって最大のサービスが行えるよう、全スタッフで「変革と挑戦」を胸に日々業務を行っております。お客様から信頼され、野口倉庫なら安心して任せられると思っていただけるような会社です。ぜひご検討ください。

小川 愛夢

会社概要

商号
野口倉庫株式会社
設立
昭和43年8月28日
代表者
野口 英徳
資本金
3400万
従業員
96名(2019年4月現在)
平均年齢
33歳
営業種目
営業倉庫業(荷役、保管)、一般貨物自動車運送業、自動車運送業、倉庫建物賃貸業、事務用スチール家具販売業、トランクルーム業
本社所在地
〒335-0036 埼玉県戸田市早瀬1-24-1
電話番号
048-422-0581 (※営業時間 8:30〜18:00)
FAX番号
048-422-0683
URL
https://www.noguchi-soko.co.jp
事業内容
<<総合物流コンサルティング業>>
  • 商品保管
  • 商品管理・事務代行
  • 流通加工・梱包業
  • トランクルーム業

沿革 野口倉庫の歩み

埼玉県戸田市に拠点を構え、2018年度で満50年。
お客様に支えられながらの50年を振り返ります。

1968 昭和43
8月
資本金100万円にて埼玉県戸田市に会社設立
1971 昭和46
8月
資本金400万円に増資
 
12月
運輸省より営業倉庫の免許取得
1976 昭和51
11月
資本金1700万円に増資
1977 昭和52
6月
運輸局より自動車運送取扱事業の免許を取得
1984 昭和59
8月
資本金3400万円に増資
1986 昭和61
2月
越谷流通団地内に越谷営業所を開設
1991 平成3
3月
佐野市内に佐野営業所を開設
1995 平成7
8月
陸運局より一般貨物自動車運送業の免許を所得
 
9月
運輸部を開設
2005 平成17
3月
笹目南町に営業所を開設
2008 平成20
5月
一般労働者派遣事業の免許を取得
 
8月
戸田営業所8号倉庫を新設 通販専用センターを開設
2009 平成21
1月
プライバシーマークを取得
2011 平成23
7月
戸田営業所9号倉庫を開設
 
9月
古物商営業許可を取得
2012 平成24
2月
戸田営業所10号倉庫を開設
2013 平成25
7月
新曽南に11号倉庫を開設
2014 平成26
8月
笹目南町に12号倉庫を開設
2015 平成27
4月
笹目南町に13号倉庫を開設
 
8月
戸田EC物流センターを開設
2017 平成29
6月
新社屋建築のため6号倉庫・8号倉庫の営業を終了
2018 平成30
8月
創業50周年を迎える
2019 平成31
2月
新社屋完成
 
3月
新社屋営業開始